徹底した滅菌処理で、院内感染を防ぎます

衛生管理

治療の際に忘れてはならないのが感染対策です。ところが、残念ながら日本では、ヨーロッパなどの欧米圏と比較すると、感染への意識がまだまだ低いのが現状です。

歯科治療では、抜歯や外科的処置など出血が避けられないケースもあります。また血液に限らず、治療に使用した器具はすべて確実に滅菌することが必須です。そこで当院では、シグマのクラスBを導入し、より清潔な環境で治療できるよう対策を講じています。

院内感染を防ぐ衛生管理
当院では、インプラントなどの外科的治療は、ほかの空間からは完全に隔離された専用のオペ室で行うことによって院内感染の防止に努めています。また、治療用のグローブはもちろんのこと、コップやエプロンまで可能な限りのディスポーサブル(使い捨て)を採用したり、さまざまな滅菌機器を使い分けるといった徹底した滅菌対策で、免疫力の低いお子さまやご年配の方にも安心して治療を受けていただける環境作りをしています。

当院の主な環境対策機器

クラスB滅菌器(世界最高水準)クラスB滅菌器
プロフェッショナルは小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格をクリアーする、高度なオートクレーブです。

従来のオートクレーブでは、中空のもの(インプラント用のインスツルメント、ハンドピース等)や多孔性のもの(ドレープ、ガーゼ等)、パックをした中などは空気が水蒸気の妨げとなるため、十分な滅菌を行うことができませんでした。しかし、クラスB規格に対応したDACプロフェッショナルでは、庫内の空気を抜き真空状態にしながら飽和水蒸気の注入を繰り返し行う工程(プレバキューム)により、器具の外側だけでなく内部の隅々まで蒸気を行き渡らせ、トップレベルの滅菌を実現します。
クラスB滅菌器

ケミカルクレーブ、オートクレーブ、プチクレーブ
高温蒸圧滅菌器高温蒸圧滅菌器高温蒸圧滅菌器
3種類の高温蒸圧滅菌器を導入し、器具の大きさに滅菌するものの種類よって使い分けています。基本的な治療器具はもちろん、血液が付着したもの、バーやファイルなど細かいものまですべて滅菌しており、感染予防を徹底しています。

オゾン水生成器:PICO(ピコ)オゾン水生成器:PICO(ピコ)
当院では、最先端の院内感染防止システム「電解オゾン水」を導入しています。このPICOは、温水からオゾン水を生成する機器で、水温30℃で約1ppmのオゾン濃度を生成します。地球にも人にもやさしいオゾン水には、以下のような特徴があります。

・フッ素に次ぐ強い酸化力を持ち、塩素に代わる酸化剤・除菌剤として期待されている
・オゾンによる除菌では、耐性菌ができにくい
・すぐに酸素に戻って自然回帰するので、公害の心配がない

●オゾンの殺菌効果
オゾン水生成器:PICO(ピコ)
オゾン水生成器:PICO(ピコ)

殺菌灯キャビネット殺菌灯キャビネット
治療に用いる基本セットや外科用器具、型取りの枠など、滅菌したものを保管する殺菌キャビネットです。

口腔外バキューム口腔外バキューム
治療時に口腔外に漏れる粉塵(削りかすなど)を吸い取る歯科用吸引装置です。菌に感染した部分が院内に飛び散るのを防ぐため、院内感染対策に有効です。

殺菌スリッパ殺菌スリッパ
当院では衛生のために、殺菌されたスリッパをご用意しております。

空気清浄機空気清浄機
保育園や病院など、公共の場で使用されている大型の空気清浄機です。空気の除菌・脱臭を行えるほか、インフルエンザや花粉症対策にも効果がある「ウイルスウォッシャー」という機能を搭載しています。

※ウイルスウォッシャーとは、水道水を電気分解して、菌やウイルスを抑制する効果のある「次亜鉛素酸」と「OHラジカル」を生成する技術です。

一生快適な食生活を送れますように。