シンラシステム(SHILLA SYSTEM)を採用

咬合治療システム

当院では、総義歯治療の第一人者である阿部晴彦先生が考案したシンラシステム(SHILLA SYSTEM)を採用しています。シンラシステムは、正中矢状面(身体の真ん中に対して左右を平行に分ける面)を基準として、理想的な歯並びおよび噛み合わせの構築を可能とした画期的な装置です。

入れ歯やインプラント、被せ物といった補綴治療の際に大切なことは、まずさまざまな診査を行うことです。そして次は、診査で得たデータを元にして、どこをどう治すのが最適かを正しく診断・把握することです。

その後は、咬合器という、いわば人工顎関節シミュレータによって、上下顎の位置関係をいかに正確にトランスファー(移動)するかが、咬合治療の是非を左右します。 シンラシステムは、こういった診査、診断と臨床、治療、そして技工製作までの一連の流れを具現化できる唯一のシステムです。

一生快適な食生活を送れますように。