シンラシステム(SHILLA SYSTEM)よる咬合治療の流れ

1:資料の採取
口腔内診査、レントゲン、歯周病の検査、印象採得(お口の中の模型)を行います。

次へ
咬合治療の流れ咬合治療の流れ2:フェイスボウトランスファー
お口の中の上顎平面と正中を咬合器に一致させます。

次へ
咬合治療の流れ3:平面のチェック
咬合器に装着した模型が、お口の中の正中と平面が一致しているかチェックします。

次へ
咬合治療の流れ咬合治療の流れ4:GOA(ゴシックアーチ)
下の顎の適正な位置(水平的な)をチェックします。
※顎関節の正常有無、また下あごのズレ(偏位)がないかの確認ができます。

次へ
5:咬合高径のチェック
上下のあごの垂直的距離(咬合高径)の理想と思われる位置をチェックします。

次へ
6:治療方針の決定
治療方法、材料の決定、費用・期間の概算などが決まってきます。
※残す歯の状態により、途中で再評価が必要となってきて治療方針を変更するときもあります。

医科においてはさまざまな検査をし、その結果に対して診査診断を行い、どのような手法の手術を選択するかを治療計画に組み込んでいきます。また家を建てるにしても、いきなり立てるわけではありません。正確に寸法を測り、クライアントと綿密な打ち合わせをしてから建築が始まるのです。歯科においても、実を言うとこれは変わらないのです。

虫歯を1本だけ治すのであれば、平面も変えることもないし時間もかかりません。咬合崩壊が大きく、時間が経っていて全体的に治さなければならない症例は、全部治すにはそれなりの時間がかかります。敵を知らなければ治療計画も立てられなく、診査診断は非常に重要となってくるのです。必要な資料をいただいて診査をし、診断した結果をもとに治療のゴールを歯科医師、患者さまと一致させることが大事なのです。それが最終的に患者さまの満足へとつながっていくと考えております。

さまざまな治療に応用・活用可能です
咬合診断・咬合治療は、お口の中全体を見て治療するので「悪い歯のみを治療したい」という患者さまには不向きですが「被せ物や入れ歯を理想的に作り直したい」という患者さまにとっては、きっと満足のいく結果が得られると考えております。

またシンラシステム(SHILLA SYSTEM)は、矯正歯科や審美歯科など、さまざまな治療においても、絶大な効果を発揮してくれます。残念ながら保険診療には適応しないため自費診療となってしまいますが、ご興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

さまざまなSHILLA SYSTEMによる治療症例

一生快適な食生活を送れますように。