メンテナンスの流れ

1:口腔内チェック
まずは、お口の中の虫歯や歯周病が進んでないか、噛み合わせは問題ないかをチェック。必要に応じて、口腔内写真、レントゲン、歯周病の検査、ダイアグノデントによる虫歯のチェックも行います。

次へ
2:TBI(ブラッシング指導)
歯ブラシが届かず、磨き残しがある部分をチェックし、必要に応じて、プラークの染め出しや、歯ブラシ・フロス・歯間ブラシの使い方などをアドバイスさせていただきます。

次へ
3:スケーリングやPMTCの実施
患者さまのお口の中の状況に合わせて、適切で高度なクリーニングを行います。

次へ
4:研磨(ポリッシング)
専用の研磨用ペーストをブラシに付けて歯の表面を磨き、虫歯や歯周病の原因であるバイオフィルムを除去します。

次へ
5:歯間清掃
歯と歯の間の汚れを、デンタルフロスやチップなどを使って除去します。

次へ
6:仕上げ
仕上げ用の研磨ペーストをシリコンラバーカップに付けて、歯の表面を磨きます。歯の表面や歯間がツルツルになるため、プラークなどが再付着しにくくなります。

※一度治療が終了しても、そのまま放置してはいけません。予防に努め、万が一虫歯や歯周病が発生しても初期のうちに治療することが、生涯にわたった健康な歯を保つことにつながります。当院では、私たちでなければできない技術を用いたプロフェッショナルトリートメントで、患者さまのお口の健康を守るお手伝いをいたします。

一生快適な食生活を送れますように。