根管治療 根尖病変治癒

症例1
インプラント埋入前に手前の歯に根尖病変有り。
根管治療とイオン導入を行い、根の治癒確認後インプラント埋入しました。

症例次へ症例


症例2
11歳の男の子、歯茎が腫れていたいとの事で来院されました。
抜歯に近かったのですが、年齢も若いので何とか残そうと根管治療開始。
症状が落ち着いたのでイオン導入を併行し、根の材料を詰めました(根管充塞)
来院が途切れ、6ヶ月後来院。骨の治癒傾向がみられる。
更に1年後レントゲン完全に骨は再生され症状もなく落ち着いています。

症例


症例3
検診で初診時、来院されました。
症状は無いのですが左下奥歯、根をほとんど覆うように病変が存在していました。
患者さまにお話しして治療開始。
通法通りにマイクロスコープを使って治療。イオン導入して根に材料を詰めました。

症例

症例

一年後オルソパントモ。骨はきれいに治っていて症状もなく快適に過ごせているとの事です。

症例

一生快適な食生活を送れますように。