歯根破折症例:STV・顕微鏡の併用

左下歯茎が腫れたとの事で来院されました。
レントゲンだけだと何ともないように見えます。
被せ物と中の材料を除去してもう一度レントゲン撮影しました。

症例次へ症例

症例STV(口腔内カメラ)で撮影するとこのように見えます。黒くひびが入っているのがわかります。

症例さらに顕微鏡で中をのぞくとひびが2ヶ所入っているのが確認できました。
このように肉眼で確認できない細かな診査診断もできます。

症例診査した結果を口腔内カメラに撮って、状況を説明しこのケースは抜歯となりました。
抜歯をすると......根っこには完全にひびが入っていて、このまま頑張って残したところでまたすぐに痛みや腫れ、違和感が残ってしまったと思われます。
原因不明の違和感や痛みはクラックが原因である事も少なくないのです。
このようにSTV(口腔内カメラ)や顕微鏡を活用することにより、従来の肉眼による診査より正確な診断ができるのです。

一生快適な食生活を送れますように。