歯科特殊機器-ふじみ野(富士見)の歯医者・歯科・審美なら「くろだデンタルクリニック」

全体的なバランスを考慮した治療方針。ふじみ野(富士見)の歯医者・歯科・審美なら当院へ。

お電話でのご予約・ご相談

【診療時間】 9:00~13:00 / 14:30~18:30
※火・金は20:00まで ※休診日…日曜・祝日

お電話でのご予約・ご相談

【診療時間】 9:00~13:00 / 14:30~18:30
※火・金は20:00まで ※休診日…日曜・祝日

歯科特殊機器

その方に応じた機器を用いるから、治療者の技術と経験が一層活きる

機器導入

当院では、患者さまの納得いく治療を第一に考え、その方に応じた機器を用い、担当者の技術でより効率的な医療を提供できるように勤めています。そのためには、日々技術研鑽に励むとともに、積み重ねた経験や技術を発揮できる環境を整えることにも努め、積極的に機器や技術を採用。患部を約6~18倍に拡大した治療を実現するマイクロスコープをはじめとする充実した機器を取り揃え、その方にふさわしい治療をご提供しています。

当院の主な設備

拡大術野映像システム(ミューカム)

拡大術野映像システム

モニターの大きさによっては40倍以上の拡大術野を獲得できるシステムです。フルハイビジョンのクリアな映像をリアルタイムにモニターへ表示できます。顕微鏡を覗き込む必要がなく、全体を見渡しながら治療することが可能となるため患者さんの状態も把握しやすく、また一緒に治療するスタッフとも連携が取れやすくなっております。映像の撮影・録画も可能で、取得したデータをモニターに表示することによって、患者さまによりわかりやすく説明できる診療システムです。

 

マイクロスコープ

マイクロスコープ

歯科治療では、肉眼では確認できないほどの細かい作業が必要とされます。そこでドクターの強力な武器となるのが、この「マイクロスコープ」と呼ばれる顕微鏡です。当院では、肉眼の6~18倍にまで拡大することができるマイクロスコープを2台導入。根管治療、歯周外科、口腔外科など、幅広く臨床において、正確な治療に役立てています。

根管治療で使います

ピクト(口腔内カメラ)

ピクト(口腔内カメラ)

鏡だけでは見えにくい奥歯の虫歯や親知らずの状態、歯に亀裂が入っているかどうかなど、多岐にわたる詳細な診断に役立つ機器です。また、患者さまにも画像を見ていただくことで、ご自身のお口の状態をリアルタイムで把握できることから、より納得して治療を受けていただけます。

クラスB滅菌器

DACプロフェッショナルは小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格をクリアした、感染対策として世界に広く認められているオートクレーブです。

クラスB滅菌器

従来のオートクレーブでは、中空のもの(インプラント用のインスツルメント、ハンドピース等)や多孔性のもの(ドレープ、ガーゼ等)、パックをした中などは空気が水蒸気の妨げとなるため、十分な滅菌を行うことができませんでした。しかし、クラスB規格に対応したDACプロフェッショナルでは、庫内の空気を抜き真空状態にしながら飽和水蒸気の注入を繰り返し行う工程(プレバキューム)により、器具の外側だけでなく内部の隅々まで蒸気を行き渡らせ、トップレベルの滅菌を実現します。

クラスB滅菌器

デジタルレントゲン(CT・セファロ)

デジタルレントゲン

胸のレントゲンなどを撮る従来のフィルム型に比べ、デジタルレントゲンによる被曝量はとても少なく、環境にもやさしくなっています。また、デジタル操作によって撮影画像を拡大することができるため、計画的な治療が可能となります。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー

レーザーの熱で患部の切開・止血などを行います。痛みはほとんどなく、治癒が早まるのが特徴。また、治療の際に器具が患部に触れることがないため、感染症の予防にもつながり、身体にやさしく質の高い治療を可能としています。

広範囲にわたって様々な症状に活用できます

口腔外バキューム

口腔外バキューム

院内での感染対策として「口腔外バキューム」を用いて対応をしております。診療室内での「歯を削る」場合などは、目に見えない飛沫粒子(飛沫粒子)が空気中に浮遊しますので、強力に吸引できる口腔外バキュームを用い衛生的な空気を保つようにしております。

ダイアグノデント(有線・無線)

ダイアグノデント
ダイアグノデント

むし歯の進行状況を数値で確認できる機械があるのをご存じでしょうか。ダイアグノデントはレーザー光の反射を数値と音に変換することで歯質変化を測定できるツールです。見た目だけでない歯の内部構造についての確認などで使用し、予防、処置、管理の判断基準に利用しています。

歯科重合用光照射器

歯科重合用光照射器

歯科治療で必要な詰め物や接着剤を固める際、こちらの「歯科重合用光照射器」を使います。器材からは特定の波長や光が照射されますが、この波長や光によって固まるように反応する物質を詰め物や接着剤で使用しています。
以前は20秒くらいかかっていたものが早くて4秒くらいで固まるようになりました。これにより、集中力が続かずお口を開くのが難しいお子さまなどの負担が軽くなるなど適しておりますが、ご年配の方にはどうかというところがございます。

ビヨンドライト

ビヨンドライト

オフィスホワイトニングにて利用する機器です。ライトから出る熱もほとんどなく、一回の照射で上下の範囲をカバーできるため、椅子に座る時間も短縮できるようになりました。

ブリリカ

ブリリカ

歯を白くするための特殊なホワイトニング用LEDライトです。ホワイトニング剤を歯に塗布してからブリリカの光を照射するだけで、短期間で白い歯が手に入ります。一般的なスタンドタイプではなく開口器に直接装着するのがブリリカの大きな特徴で、照射位置を固定することにより、歯を白くする効率を高めてくれるだけでなく、施術中に患者さまが身動きしても、照射がズレる心配がありません。

ホワイトニングで使います

ストローマンガイデッドサージェリー(SGS)

ストローマンガイデッドサージェリー

ストローマンガイデッドサージェリー(SGS)とは、コンピューター上でシミュレーションした位置に、インプラントを正確に埋め込むためのガイドシステムです。あらかじめ歯型を取った上でガイドを作成するため、埋め込む位置のズレがほとんどなく、安全かつ正確にインプラントを埋め込むことが可能です。

インプラント治療で使います

ベッドサイド(生体情報)モニタ

ベッドサイドモニタ

コンパクトなモニターです。心電図やSpO2、呼吸、血圧、体温などを測定できます。静脈内鎮静法を受ける際に表示される血圧や脈拍、血中酸素飽和度の状況を観察しながら治療を行います。
高血圧などの持病をお持ちの方は安心して外科などの処置を受けて頂くことが可能になります。

ピエゾサージェリー(超音波骨形成機)

ピエゾサージェリー

口腔内の外科手術に用いる超音波の機器です。骨の切削に利用します。

卓上低速遠心機(遠心分離機)

卓上低速遠心機

当院では状況に応じ、卓上低速遠心機(遠心分離機)にて患者さまの血液から抽出した移植材を利用しています。 患者さまの血液から抽出した成分で失った歯や歯肉の治療を行うと、痛みを軽減できたり、治癒が早くなったり、アレルギーなどのリスクを回避できたりする場合があります。

静脈穿刺トランスイルミネーター

静脈穿刺トランスイルミネーター

血液を採る時に利用します。静脈を見やすくするためのツールです。

ペリオテスト(動的歯周組織診査・診断装置)

ペリオテスト(動的歯周組織診査・診断装置)

インプラントと骨がうまく結合(固定)しているか、というのが数値としてデジタル表示される機械です。客観的な数値として、次の段階に進むかなどの判断材料として利用しております。

超音波スケーラー(P-MAX)

超音波スケーラー(P-MAX)

スケーラーモード・エンドモード・ぺリオモードという3つのモードに切り替えることができることから、スケーリングだけでなく、根管内の破折ファイルの除去や歯周ポケットの深い症例など、さまざまな診療に活用しています。

電動注射器『オーラスター』

電動注射器『オーラスター』

当院では、麻酔薬を一定の速度で注入できる電動注射器『オーラスター』を使用しています。一定の速度で余分な圧力をかけることなく、ある程度の時間をかけながら注入することで、違和感の減少や麻酔薬を入れるときの痛み、不快感を抑えることができます。また、注射針も痛みに配慮したものを使用していますので、針を刺す時の痛みを緩和させることができます。