徹底した滅菌処理で、院内感染を防ぎます

衛生管理

治療の際に忘れてはならないのが感染対策です。ところが、残念ながら日本では、ヨーロッパなどの欧米圏と比較すると、感染への意識がまだまだ低いのが現状です。

歯科治療では、抜歯や外科的処置など出血が避けられないケースもあります。また血液に限らず、治療に使用した器具はすべて確実に滅菌することが必須です。そこで当院では、シグマのクラスBを導入し、より清潔な環境で治療できるよう対策を講じています。

院内感染を防ぐ衛生管理
当院では、インプラントなどの外科的治療は、ほかの空間からは完全に隔離された専用のオペ室で行うことによって院内感染の防止に努めています。また、治療用のグローブはもちろんのこと、コップやエプロンまで可能な限りのディスポーサブル(使い捨て)を採用したり、さまざまな滅菌機器を使い分けるといった徹底した滅菌対策で、免疫力の低いお子さまやご年配の方にも安心して治療を受けていただける環境作りをしています。

一生快適な食生活を送れますように。