衛生管理-全体的なバランスを考慮した治療方針。富士見市ふじみ野の歯科・歯医者なら「くろだデンタルクリニック」

お電話でのご予約・ご相談

【診療時間】9:00~13:00 / 14:30~18:30
※火・金は20:00まで ※休診日…日曜・祝日

お電話でのご予約・ご相談

【診療時間】9:00~13:00 / 14:30~18:30
※火・金は20:00まで ※休診日…日曜・祝日

衛生管理

徹底した滅菌処理で、院内感染を防ぎます

衛生管理

治療の際に忘れてはならないのが感染対策です。ところが、残念ながら日本では、ヨーロッパなどの欧米圏と比較すると感染への意識がまだまだ低いのが現状です。

歯科治療では、抜歯や外科的処置など出血が避けられないケースがあります。血液に限らず、治療に使用した器具はすべて確実に滅菌することが必須です。そこで当院では、滅菌クラスの中でも高水準のクラスBを導入し、より清潔な環境で治療できるよう対策を講じています。

院内感染を防ぐ

衛生管理

当院では、インプラントなどの外科的治療は、ほかの空間から完全に隔離した専用のオペ室で行って院内感染の防止に努めています。また、治療用のグローブはもちろん、コップやエプロンまで可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を採用し、さまざまな滅菌機器を使い分ける徹底した滅菌対策で、免疫力の低いお子さまやご年配の方にも安心して治療を受けていただける環境作りをしております。

当院の主な環境対策機器

クラスB滅菌器

DACプロフェッショナルは小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格をクリアーする、高度なオートクレーブです。

クラスB滅菌器

従来のオートクレーブは、中空のもの(インプラント用のインスツルメント、ハンドピース等)や多孔性のもの(ドレープ、ガーゼ等)、パックをした中は空気が水蒸気の妨げになるため十分な滅菌を行えませんでした。しかし、クラスB規格に対応したDACプロフェッショナルは、庫内の空気を抜き真空状態にしながら飽和水蒸気の注入を繰り返し行う工程(プレバキューム)により、器具の外側だけでなく内部の隅々まで蒸気を行き渡らせ、トップレベルの滅菌を実現します。

クラスB滅菌器

ミーレジェットウォッシャー、オートクレーブ、アイクレーブ

ミーレ
オートクレーブ
アイクレーブ

様々な高温蒸圧滅菌器を導入し、滅菌するものの種類で使い分けています。歯科治療で使用した器具の洗浄・すすぎ・消毒・乾燥は「熱水消毒器」を利用し、血液や唾液、タンパク質の汚れなどを落とします。その後オートクレーブにて基本的な治療器具であるバーやファイルなど細かいものを高圧蒸気にて滅菌します。歯科医師が用いる歯を削るための切削器具「ハンドピース」はアイクレーブと呼ばれる専用高圧蒸気滅菌器を用い、内部洗浄・滅菌に努め、院内の感染予防を徹底しています。

オゾン水生成器:PICO(ピコ)

オゾン水生成器:PICO(ピコ)

当院では、最先端の院内感染防止システム「電解オゾン水」を導入しています。このPICOは、温水からオゾン水を生成する機器で、水温30℃で約1ppmのオゾン濃度を生成します。地球や人に優しいオゾン水は、以下のような特徴があります。

  • フッ素に次ぐ強い酸化力を持ち、塩素に代わる酸化剤・除菌剤として期待されている
  • オゾンでの除菌は、耐性菌ができにくい
  • すぐ酸素に戻って自然回帰するので、公害の心配がない

●オゾンの殺菌効果

オゾン水生成器:PICO(ピコ)

オゾン水生成器:PICO(ピコ)

殺菌灯キャビネット

殺菌灯キャビネット

治療に用いる基本セットや外科用器具、型取りの枠など、滅菌したものを保管する殺菌キャビネットです。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

治療時に口腔外に漏れる粉塵(削りかすなど)を吸い取る歯科用吸引装置です。菌に感染した部分が院内に飛び散るのを防ぐため、院内感染対策に有効です。

殺菌スリッパ

殺菌スリッパ

当院では衛生のために、殺菌したスリッパをご用意しております。