審美歯科治療-全体的なバランスを考慮した治療方針。富士見市ふじみ野の歯科・歯医者なら「くろだデンタルクリニック」

お電話でのご予約・ご相談

【診療時間】9:00~13:00 / 14:30~18:30
※火・金は20:00まで ※休診日…日曜・祝日

お電話でのご予約・ご相談

【診療時間】9:00~13:00 / 14:30~18:30
※火・金は20:00まで ※休診日…日曜・祝日

審美歯科治療

歯をより自然に、より美しく見せるための治療

審美歯科治療

銀歯を白い詰め物や被せ物にしたり、ちょっとした隙間を埋めて自然な歯のようにしたり…。そんな、歯をより自然に、より美しく見せる歯科診療が審美歯科治療です。歯の機能を修復するだけでなく「銀歯が目立って気になる」「きれいな歯で笑顔に自信をもちたい」というお悩みに応えるために、さまざまな素材や治療方法をご提案しております。

【当院おすすめの審美歯科治療メニュー】PFM(ポーセレンヒューズドメタル)

PFM(メタルボンド)

審美歯科治療に用いる素材は数々ありますが、当院で一番人気があるのはPFM(メタルボンド)です。PFM(メタルボンド)とは、金属のコア(土台)をセラミック(陶器)素材で覆い、しっかり焼き付けた人工歯です。

金属部分が見えないため見た目がきれいで、セラミックで天然歯に近い色調や質感を再現できることから、多くの患者さまが選択される治療法です。土台に使用した金属がより強度を高めています。

<PFMのメリット>

  • 適合性に優れ、ほとんどの症例に使用可能
  • 金属の上にセラミック100%を焼き付けてあり、変色しないので非常に自然
  • 耐久性に優れる(裏打ちが金属のため)
  • 経年的な色の変化がなく着色しない

<PFMのデメリット>

  • 裏側から金属が見える
  • 歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
  • オールセラミックに比べて、透明感のある歯にならない
  • 稀に欠けることがある

PFMの症例はこちら

その他の審美歯科治療メニュー

オールセラミック

オールセラミック

白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用した人工歯。内部に金属を一切使用していないため自然な色合いが再現でき、審美性に優れていることから、主に前歯の治療に適しています。ただし、強い力が加わると破損する恐れがあるため、歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方は注意が必要です。

<オールセラミックのメリット>

  • セラミック100%で変色せず、非常に自然
  • 金属を使用しないので、金属の溶出による歯ぐきの変色がない
  • 金属不使用なのでアレルギーがなく、身体に優しい
  • プラークが付着しにくい
  • 経年的な色の変化がなく着色しない

<オールセラミックのデメリット>

  • 噛み合わせの悪い方、歯の小さい方には適応しない
  • 稀に欠けることがある
  • 仮留めで様子を見ることができない

オールセラミックの症例はこちら

e-max

e-max

オールセラミック材料で、高い強度と均一性をもった審美性の高いセラミックです。従来のセラミックより4倍ほどの硬度があるので割れにくく、安心して使用できます。

<e-maxのメリット>

  • 透明度と審美性が高い
  • 高い強度とともに天然歯に近い摩耗性をもっているため、周囲の歯に優しい
  • 経年的な色の変化がなく着色しない

<e-maxのデメリット>

  • 複雑な色合いに限界がある
  • 咬合力の強い奥歯のブリッジに使えないことがある

e-maxの症例はこちら

オールジルコニア

オールジルコニア

全てをセラミック素材で作成したものです。色調の再現度はe-maxに比べると制限がありますが、その代わり強度が一番高く強い咬み合わせに適したセラミックです。

<オールジルコニアのメリット>

  • 透明度と審美性が高い
  • 強度がかなり高い
  • 経年的な色の変化がなく着色しない

<オールジルコニアのデメリット>

  • 色調の再現度は限られるところがある
ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

ゴールドクラウンとは、金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)で作られた被せ物です。非常に錆びにくいため、金属の溶け出しによる二次的な虫歯、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーが解消できます。

<ゴールドクラウンのメリット>

  • 歯とよくなじみ、適合性に優れるため虫歯や歯周病になりにくい
  • 耐久性に優れ、力のかかる大臼歯に適している
  • 金属の溶出による歯ぐきの変色、金属アレルギーが少ない

<ゴールドクラウンのデメリット>

  • 金属色のため審美性には劣る
硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠

保険適応の歯科用プラスチックで、歯科治療で最も頻繁に使用されている材料です。レジンは、虫歯を削った部分に詰めて使用することが多い素材ですが、欠けた歯の形態を回復したり、歯に盛り足してすきっ歯を治したり、金属の部分をレジンに置き換えて金属アレルギーの予防や審美的な改善をしたりなど、さまざまな用途で使用しています。

<硬質レジン前装冠のメリット>

  • 健康保険が適用できる(上下前歯部3~3まで)
  • 安価なため費用を抑えられる

<硬質レジン前装冠のデメリット>

  • 裏側から金属が見える
  • 歯肉に薄い影(ヘアーライン)になって見えることがある
  • プラスチックのため、水分・唾液を吸収して変色しやすい
  • 金属が溶け出し、歯ぐきを変色させ、アレルギーを引き起こす可能性がある
グラディアダイレクト

グラディアダイレクト

セラミックと歯科用プラスチックをハイブリッド(複合)した材質で、エナメル質に似た審美性があります。硬くて脆いセラミックの欠点をある程度克服すると同時に、硬質レジンの欠点である耐久性に対する不安や、強度不足による適用範囲の限定といった弱点をカバーしているので、さまざまな部位に適合可能です。

<グラディアダイレクトのメリット>

  • 審美的に優れている
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーが起こらない
  • 直接法で治療を行うので1回で治療が終了する

<グラディアダイレクトのデメリット>

  • 歯の色によっては、色を合わせにくいことがある
  • 時間が経つと若干変色して、歯と材料の境目が目立つ

グラディアダイレクトの症例はこちら

ファイバーコア

ファイバーコア

グラスファイバーのピンで補強したプラスチックの土台です。歯に似たしなやかさがあるため、根を壊しにくいのが特徴。特に、歯質の大部分を失った歯に最適な、歯に優しい土台です。

<ファイバーコアのメリット>

  • しなる性質があるので、歯根が割れる可能性が低くなる
  • 金属の溶出による歯ぐきの変色、金属アレルギーがない
  • 色が歯と似ているので、オールセラミック時の色調が一番きれいに出る

<ファイバーコアーのデメリット>

  • 保険適用外の土台を入れたとき、被せ物も自由診療になる

優れた技工士との連携

審美歯科治療のレベルを決める大きなポイントは、技工士の「腕」があります。当院では、開院以前からお付き合いのある、信頼できる技工士さんにお願いしております。保険でも手を抜くことなく、調整の必要がないほどの技工物を作っていただいております。

また、技工が複雑なケースや色味の細かい調整が必要なときは、診療室に足を運び一緒に患者さまの口腔内をチェックすることもありますので、どうぞ安心してお任せください。