矯正歯科-ふじみ野(富士見)の歯医者・歯科・審美なら「くろだデンタルクリニック」

全体的なバランスを考慮した治療方針。ふじみ野(富士見)の歯医者・歯科・審美なら当院へ。

お電話でのご予約・ご相談

【診療時間】 9:00~13:00 / 14:30~18:30
※火・金は20:00まで ※休診日…日曜・祝日

お電話でのご予約・ご相談

【診療時間】 9:00~13:00 / 14:30~18:30
※火・金は20:00まで ※休診日…日曜・祝日

矯正歯科

矯正歯科矯正をご希望の皆さまへ

矯正歯科

歯ならびや咬み合わせの状況は人によって異なるため、治療開始に適した時期・治療方法・治療期間などは個々の状況により異なります。まずは初診相談にて、矯正歯科治療の概要をご説明いたします。ご心配な点やお悩みの点をお聞きした上でご説明致しますので、ご納得されるまでお尋ねください。

成長期の患者さまに関しては、成長発育を治療に利用する早期治療・第一期治療を適用したほうが有利になる場合もあります。すぐに治療を開始するかどうかは別として、前歯が生え変わった時期に一度矯正相談を受けられることをおすすめします。

早期治療・第一期治療においては、成長発育を利用しながら歯ならび・咬みあわせの問題を改善します。その後、定期的に経過をみていき、永久歯列が完成したら第二期治療ですべての永久歯の歯ならび・咬みあわせの問題を改善することになります。



【不正咬合の種類】あなたの気になる歯列はどのタイプ?

正しい歯ならび・咬み合わせを「正常咬合」と言うのに対して、そこから少しずれた歯ならび・咬み合わせを「不正咬合」と言います。不正咬合にはいくつかの種類があり、大きく分けると「上あごや下あごといったあごの大きさや位置に問題がある骨格の不正」と「歯の萌え方自体が凸凹している歯の不正」があります。また、骨格の不正と歯の不正の両方が関係しているケースもあります。


不正咬合の主な種類の例
●業生 ●空際歯列 ●前歯の前突
不正咬合の種類
歯が凸凹に生えている
不正咬合の種類
歯と歯の間に隙間がある
不正咬合の種類
前歯の傾斜が大きい
●反対咬含 ●過蓋咬含 ●開咬
不正咬合の種類
咬み合わせが逆
不正咬合の種類
咬み合わせが深い
不正咬合の種類
上下の歯が咬み合っていない


矯正を専門とするドクターが在籍しています

矯正を専門とするドクターが在籍 当院では月に2日(第4火曜日とその前日の月曜日午後)、矯正を専門としたドクターに来ていただき診療を行っています。通常一般歯科に矯正を専門とするドクターが在籍していることは少ないため、矯正歯科の予約は取りづらい場合もありますのでご了承ください。

※ 矯正装置等に不具合があった場合(器具が外れた等)には院長が対応いたします。

出っ歯、受け口、凸凹の歯並びなど、歯列不正でお悩みの方は大勢いらっしゃいます。歯列不正は審美性に欠けるだけでなく、虫歯や歯周病になりやすくなります。口元でご心配な点やお悩みの点があればご相談ください。

 


初診相談から治療開始までの流れ

STEP1:初診相談
まずはご心配な点やお悩みの点を詳しく伺い、―見して判断し得る範囲で、矯正治療の概要をご説明いたします。治療に関わる詳細については、検査後の診断時に改めてご説明します。
次へ
STEP2:検査
矯正治療の流れ 初診相談後、検査を希望される患者さまには当日のうちにレントゲン撮影などの検査を開始いたします。検査は通常1回ですが、場合によっては複数回になることもあります。 当院では、セファロ、CTの撮影も可能です。

 

次へ
STEP3:診断
矯正治療の流れ 検査により採得した資料を分析し、以下の事項について診断結果をご説明します。
  • ●あごの骨の状態、歯並び・咬み合わせの状態など
  • ●治療目標
  • ●治療方法、使用する矯正装置
  • ●治療期間、通院間隔
  • ●治療開始から終了までのスケジュール
  • ●矯正歯科治療の治療費、お支払い方法

 

次へ
STEP4:治療
矯正治療の流れ 検査結果や診断結果、治療計画などにご納得いただけましたら、同意書を作成し治療に入ります。

 

次へ
STEP5:保定
矯正治療の流れ ブラケットなどの矯正装置を外す段階になっても、治療は終わりではありません。治療により歯ならび・咬み合わせが整ったように見えても、歯は元の位置に戻ろうとする性質があるため、矯正装置を外したまま放置するとまた歯ならび・咬み合わせが悪くなってしまうことがあります。そのため、これを防ぐためにリテーナー(保定装置)という装置を使用して安定をみていく期間も必要になります。

 


当院の矯正歯科治療方法

矯正装置は不正咬合を治療するために使用するものですが、不正咬合にいろいろな種類があるように、それを治療する矯正装置にもさまざまなタイプがあります。

ヘッドギア
矯正歯科治療方法 上あごの成長を抑制したり、奥歯を動かしたりする装置です。

 

フェイシャルマスク
矯正歯科治療方法 上あごの成長を促進する装置です。

 

チンキャップ
矯正歯科治療方法 下あごの成長の向きを調整する装置です。

 

ブラケット装置
矯正歯科治療方法 ●メタルブラケット(金属製) 一般的に最もよく使われる装置です。見た日は少し目立ちますが、丈夫なので欠けたりしないという利点があります。

 

矯正歯科治療方法 ●審美ブラケット(セラミック・プラスチック製)
半透明や歯の色に近い色なので目立ちにくいという利点があります。しかし、金属に比べて壊れやすい、歯の移動に少し時間がかかりやすい、ブラケット料金が別途必要といったデメリットもあります。

 

根気よく続けて、きれいな口元を実現しましょう

矯正歯科虫歯の治療などと異なり、矯正歯科治療にはある程度長い期間がかかります。根気よく使用すべき装置を正しく使用して、はじめて治療が成功すると言えるでしょう。そのため、ご自身に「どうしても治したい!」という意志があるかどうかが、治療の成否の大きな決め手となってきます。

また、矯正歯科治療を受けられるのがお子さまの場合には、一緒に歯みがきをする習慣をつけるなど、ご家族皆さまで励ましてあげることも大切になります。