いびき治療-ふじみ野(富士見)の歯医者・歯科・審美なら「くろだデンタルクリニック」

全体的なバランスを考慮した治療方針。ふじみ野(富士見)の歯医者・歯科・審美なら当院へ。

お電話でのご予約・ご相談

【診療時間】 9:00~13:00 / 14:30~18:30
※火・金は20:00まで ※休診日…日曜・祝日

お電話でのご予約・ご相談

【診療時間】 9:00~13:00 / 14:30~18:30
※火・金は20:00まで ※休診日…日曜・祝日

いびき治療

健康を害する恐れのある「イビキ」を甘く見ていませんか?

イビキ治療
習慣的にイビキをかいている人は2,000万人以上もいて、そのうちの約10%の200万人が寝ている間に何十回も呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群(SAS)だと言われています。

睡眠時無呼吸症候群と呼ばれるこの病気は、睡眠中に何かしらの原因で気道が狭くなる、または閉じてしまうという状況に陥り、睡眠中に息が止まる、イビキが聞こえるなどの症状から起きてしまうことを指します。正確には睡眠中に無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上発生する状態が睡眠時無呼吸症候群(SAS)になります。
睡眠不足から日中も眠気が襲うなどの症状も確認できるこの症状は、中年男性や肥満の方に多く見られます。


睡眠時無呼吸症候群(SAS)の分類

睡眠時無呼吸症候群は大きく分けて下記のように分類されます。

1.閉塞型(OSAS)
上気道部の閉塞による気流停止で、無呼吸発作中も胸壁や腹壁の呼吸筋の運動は認められる。(イビキが発生する

2.中枢型(CSAS)
呼吸をつかさどる脳中枢が異常を起こし、呼吸筋運動自体がなくなるため無呼吸となる。(イビキは発生しない)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の大多数は閉塞型となっており、歯科的治療の対象も閉塞型となります。


イビキと睡眠時無呼吸症候群(SAS)の関連性

睡眠
睡眠時に気道が狭くなった場合に発生するのがイビキで、気道が完全にふさがってしまうのが睡眠時無呼吸になりますが、閉塞型の睡眠時無呼吸症候群(SAS)はほぼイビキを伴います。
気道を圧迫する、または気道をふさいでしまうので、それを防ぎ改善する必要があります。


イビキの発生デメリット

十分な睡眠こそが健康の源なのですが、イビキをかいているのは眠りが浅い証拠です。浅い眠りの代償として日中に強い眠気に襲われると、仕事の能率低下や居眠り運転事故を起こすなど、社会生活にさまざまな支障をきたします。

また、長期にわたってイビキをかいていたり無呼吸が続いたりすると、高血圧、不整脈、心臓疾患、脳血管障害、糖尿病などを誘発したり、記憶力や思考力の低下を招いてしまいます。そういった事態を防ぐためには、一刻も早くイビキ治療を始めることをおすすめします。


【イビキ治療の方法】スリープスプリント

睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断されたら

院長あいさつ
イビキ治療には、内科的なものから外科手術まで各種ありますが、歯科医療で扱うスリープスプリントは、寝るときだけお口の中に装着して気道が狭まることを防止する装置です。患者さまの歯並びに合わせて作る口腔内装置で、ほかの治療に比べると「安全・安心・安価」な方法でもあります。

イビキでお困りの方や睡眠時無呼吸症候群がご心配な方は、ファーストチョイスとしてスリープスプリントを試してみてはいかがでしょうか。

40,000円(税抜き)

 

※以下の方はスリープスプリントによる治療ができない場合があります
・歯が20本未満の方
・歯周病のひどい方
・顎の関節が悪い方