痛みに配慮した治療-全体的なバランスを考慮した治療方針。富士見市ふじみ野の歯科・歯医者なら「くろだデンタルクリニック」

お電話でのご予約・ご相談

【診療時間】9:00~13:00 / 14:30~18:30
※火・金は20:00まで ※休診日…日曜・祝日

お電話でのご予約・ご相談

【診療時間】9:00~13:00 / 14:30~18:30
※火・金は20:00まで ※休診日…日曜・祝日

痛みに配慮した治療

「歯医者は怖い」のイメージをなくすために

痛みに配慮した治療

お子さまに限らず「歯医者は怖い」「痛いから苦手」「できれば行きたくない」と思っている方は多いのではないでしょうか。歯科医院では、抜歯や歯を削るといった治療の痛みを抑えるために麻酔をしますが「麻酔自体が苦手/痛い」イメージをお持ちの方は少なくないかと思います。

しかし歯科麻酔は、工夫次第で「チクッ」という感覚すら感じさせることなく打つことができるのです(※ただし、何もしなくても痛いときや腫れているときは、痛みを感じることがあります)。当院では、貼るタイプの表面麻酔や電動注射器など痛みに配慮した麻酔を用意し、痛みに敏感な小さなお子さまでも、打たれる瞬間がわからないほどに痛みを抑えることにこだわっています。

痛くない麻酔で歯医者が苦手な方も安心

しっかり治療を行うために、麻酔が必要なケースは少なくありません。もし麻酔を使わなければ、十分な治療が行えず虫歯を取り残す可能性が出てきます。そうすると、せっかく治療して詰めたプラスチックや金属がすぐ取れてしまうなど、さまざまなトラブルにつながりかねません。

また、歯を削るなどの治療中に痛みを感じて顔を動かしてしまったら、治療器具が歯以外の部分に接触しかねず非常に危険です。さらには、抜髄(神経を取る処置)などは、麻酔なしで行うのは不可能だということをおわかりいただけると思います。

当院で治療を受け、麻酔を体験した方の多くは「麻酔ってこんなに痛くないものなんだ!」と実感してくださっています。安心できる・痛くない治療が受けられるよう全力でお手伝いさせていただきますので、麻酔が嫌いな方、恐怖心が強い方も、当院までお気軽にご相談ください。

●貼るタイプの表面麻酔『ペンレス』

ペンレス

表面麻酔とは、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させるために行う麻酔法のこと。表面麻酔には主に、塗り薬のようなジェル状のものと、歯ぐきに貼り付けるテープ式のものがあります。ペンレスの方が深度が高く麻酔が奏効しやすく痛みを与えにくいため使用しております。

●電動注射器『オーラスター』

オーラスター

手動で麻酔を打つ場合、十分気を付けていても、麻酔薬を注入する速度が速くなったり遅くなったり変動しがちです。そこで当院では、貼るタイプの表面麻酔と並行して麻酔薬を一定の速度で注入できる電動注射器を使用しています。

一定の速度でゆっくり麻酔を注入すると余計な圧力や違和感が生じないので、麻酔薬を入れるときの痛みや不快感が抑えられます。また、極細の注射針を使用していますので、刺入時の痛みもほとんどありません。

※そのほかにも麻酔薬をあたためるなどさまざまな工夫をしており、麻酔が痛くないように努めております。

レーザーを用いる「身体に優しい治療」も行っています

レーザー治療器

歯科治療の新しい方法として注目されているものに、レーザー治療があります。痛みを軽減し、治癒期間を短縮させる目的で炭酸ガスレーザーを導入し、さまざまな治療に役立てています。以下のような方々の治療に効果が期待できます。

虫歯の治療や予防

レーザーを当てることで歯質の強化が可能です。だだしすべてのケースに使用できるわけではないので、適応症例か否かはご相談ください。

知覚過敏の治療

症例によっては、レーザーを当てることで数回の来院で痛みを少なくさせることが可能です。

歯を抜いたあとのケア

歯を抜いたあとレーザーを当てることで、殺菌や消毒を行えます。また治癒効果の促進の作用もあるので傷口の治りを早めます。
※親知らずの抜歯のあとにレーザーを当てると術後の痛みや腫れが軽減できます。

歯周病治療

レーザーの使用で治療箇所の改善が早まるため、症例によっては通常の治療よりも約3~6倍ほど治療期間を短縮できる可能性があります。

根の治療への応用

難治性(治りにくい症例)の根の治療やパーフォレーション(根の中の穿孔)を殺菌消毒させるて治療成績の向上が可能です。

口内炎治療

レーザー照射の効果で痛みを感じにくくなり、通常より完治が早まります。

歯ぐきの色素沈着

歯ぐきの黒ずみにレーザーを照射することで沈着した色素を薄くできます。ただし、1回の照射で解消するわけではないので、数回の通院が必要です。

その他

義歯による痛み、歯ぐきが化膿し腫れて麻酔なしで切開するときの排膿路(膿の逃げ道)の確保など、さまざまな治療(痛みの緩和)に使用できます。