虫歯の進行と進行度合いに合わせた治療方法

虫歯の症状は、下記の5段階に分けられており、その段階によって必要な処置も異なってきます。

CO(初期虫歯/脱灰)Co
まだ、穴があいたり黒くなったりしていないため自覚症状もありませんが、歯が溶け始めて虫歯が始まっている状態です。この段階であれば、フッ素入りの歯磨き剤を用いて歯みがきをしっかり行うことで、再石灰化させることが可能です。

※処置としては、歯みがき指導・フッ素の応用・シーラントなどを行います。

C1(エナメル質の虫歯)C1
歯の表面を覆っているエナメル質が溶けて、小さな穴ができた状態です。象牙質に達していないので痛みはありません。あまり痛みを感じないからこそ放置され、虫歯がどんどん進行してしまうことが懸念される段階なので、進行を防ぐために、エナメル質を削って詰め物を入れることもあります。

※処置としては、歯みがき指導・シーラント・レジン充填などが該当します。

C2(象牙質の虫歯)C2
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進んでいるので、甘い物や冷たい物がしみることがある段階です。痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要です。虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物(レジン充填)をすることで治療は完了します。

しかし、虫歯が内部で大きく広がっている場合には、麻酔をして患部の除去を行ったあと、型を取り、詰め物を作成して装着します。

※処置としては、レジン充填・インレー・アンレーなどとなります。

C3(神経に達した虫歯)C3
虫歯がエナメル質、象牙質の下の神経まで達した段階なので、耐えがたいほどの激しい痛みを伴うこともあります。神経が死んでしまうと、細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

ここまで虫歯が進行した場合には、根管治療によって死んでしまった神経を取り除いて歯の根の中をきれいにし、その後、詰め物や被せ物をします。

※処置としては、根管治療・クラウンなどとなります。

C4(根まで進行した虫歯)C4
神経が壊死して膿が溜まり、歯のほとんどが崩壊して根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をしますが、症状によっては抜歯しなければならないことがあります。

※処置としては、抜歯・ブリッジ・インプラント・入れ歯などがあります。

 

一生快適な食生活を送れますように。