虫歯とは

一般歯科

虫歯は、プラーク(歯垢)の中に潜む虫歯菌が作る酸によって、歯のカルシウムが溶かされる病気(感染症)です。感染症であるだけに、原因を完全にシャットアウトすれば予防が可能ですし、しっかり治療すれば必ず治すことができます。さらに、初期の虫歯であれば削ったり抜いたりすることなく、再石灰化を促すことで完治できるケースもあります。

しかしある程度まで進行してしまうと、どんなにていねいにブラッシングをしても、元どおりにはなりません。ご自身の歯を少しでも長く残すためには、早期発見・早期治療が最重要ですので、何か症状や痛みを感じた際には、早めの受診をおすすめします。

可能な限り歯や神経を残す治療を心がけています
切っても新たに伸びてくる髪や爪と違って、削ったり抜いたりした歯は、二度と元どおりにはなりません。そして、どんなに高度な治療や高級な詰め物よりも「生まれ持った歯」が最良です。ですから当院では「可能な限り削らない、抜かない」という方針で虫歯治療を行っています。

一度削ってしまった歯は二度と再生されませんし、神経を取った歯は、健康な歯に比べて歯質が弱くなって破折しやすくなってしまいます。そういった歯の負担や、神経を取ってしまうことのリスクを減らして歯の寿命を延ばすために、当院では、虫歯に侵されている部分を慎重に削り、神経も可能な限り残すようにしています。

また抜歯においては、可能な範囲の限り、極力抜かない方向でまず治療計画を立てていきます。(もちろん保存不可能な歯もあります)

早期発見に役立つダイアグノデントダイアグノデント
できるだけ歯を削らないようにするには、虫歯が初期のうちに早期発見し、早期治療をスタートさせることが重要です。そのために大きく役立つのが、ダイアグノデントという最新式の虫歯検査機器です。

ダイアグノデントを用いた検査では、歯にレーザーを照射して発光状態をチェックすることにより、虫歯の深さや、レントゲンや直視では判断がつかない患部の大きさ、患部周囲の状況などを詳細に把握することができます。

この検査によって虫歯を数値化することができるため、どのドクターがダイアグノデントで測っても、初期虫歯か進行している虫歯のケースなのかを正確に診断することができ、必要以上に歯を削らない治療を可能にします。

また、この機器による歯質のチェック方法は、歯面に器具の先端を軽く滑らせるだけですので、検査における痛みなどはありませんのでご安心ください。

一生快適な食生活を送れますように。