お母さま、お父さまへ-お子さまを虫歯から守ってあげましょう

小児歯科

お子さまが虫歯になったとき「乳歯が虫歯になっても、そのうち大人の歯(永久歯)に抜け替わるから放っておこう」と思ったことはないでしょうか?しかし、乳歯が虫歯だらけということは、永久歯の生えてくる場所が虫歯の菌だらけということ。生え替わったばかりの永久歯は虫歯菌にとても弱いため、お口の中がそんな状況では、永久歯もあっという間に虫歯になってしまいます。

また「生まれつき歯の質が弱い」「遺伝的に虫歯にかかりやすい」といった、諦めのような考えをお持ちになったことはありませんか?虫歯は感染症です。つまり、原因を断てば必ず予防でき、治療できるのです。そのため、乳歯の特徴、虫歯の原因や進行段階によって異なる症状などを知り、それに対する対処法や予防法を知ることが非常に重要となってきます。

当院では、お子さまに対しても、大人の方に対するのと同様にラポール(信頼関係)を大切にしながら治療を進めます。治療ユニットに座る練習、お口を開けて治療器具に慣れる練習などをして、ラポールが築き上げられてから治療を始める方針です。もちろん、ご両親にもしっかりと歯の健康についての説明を行い、ラポールを築けるよう努めます。

こうして、お子さまとご両親の双方に安心して治療を受けていただくことが、お子さまが将来にわたって歯医者嫌いにならず、スムーズに治療できることにつながると考えます。私たちとご両親が二人三脚で力を合わせ、お子さまの虫歯ゼロを目指して頑張っていきましょう。

一生快適な食生活を送れますように。