歯周病の進行段階別の症状

歯と歯ぐきの境目を歯周ポケットと言います。歯周病は、そこに歯周病菌が住み着いてしまうことから始まります。

歯周病の進行と治療方法
軽度歯周病●軽度歯周病
歯と歯ぐきの間にプラーク(歯垢)や歯石が溜まり、細菌の繁殖により歯ぐきに炎症が起こった状態。ブラッシング時の出血や歯ぐきの腫れが起きてきます。

【治療】
この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や、1~2回の歯のクリーニングを行うことで、比較的短期間で回復します。

中等度歯周病●中等度歯周病
歯ぐきの腫れが顕著になり、歯を支えているあごの骨が静かに溶け始める段階。歯周ポケットが深くなり(深さ:4mm)、歯がグラつき始めます。

【治療】
この段階では、歯周ポケットの歯石を取る治療が必要となります。数回の歯石除去を行い、歯ぐきの状態が改善されたあとに再検査します。進行具合によっては、歯周外科治療も必要な段階です。

重度歯周病●重度歯周病
化膿によって歯ぐきが真っ赤に腫れ、口臭も顕著になり、普段から出血が多くみられるようになります。歯周ポケットがさらに深くなり(深さ:6mm以上)、歯を支える骨の後退も進んでくるので、歯がグラグラと大きく動くような状態です。

【治療】
多くの場合、歯周外科による治療が必要となります。歯を残せるようであれば、歯周外科手術や再生療法を試みますが、残念ながら抜歯となるケースもあります。ここまで悪化する前に、少しでも早く治療にお越しください。

一生快適な食生活を送れますように。