【当院おすすめの審美歯科メニュー】PFM(メタルボンド)

PFM(メタルボンド)審美歯科に用いられる素材は数々ありますが、当院で一番人気があるのはPFM(メタルボンド)です。PFM(メタルボンド)とは、金属のコア(土台)をセラミック(陶器)素材で覆い、しっかりと焼き付けた人工歯です。

金属部分が見えないため見た目がきれいで、セラミックによって天然歯に近い色調や質感を再現することができることから、多くの患者さまが選択される治療法です。土台に使用した金属が、より強度を高めています。

<PFM(メタルボンド)のメリット>
●適合性に優れ、ほとんどの症例に使用可能
●金属の上にセラミック100%を焼き付けてあり、変色しないので非常に自然
●耐久性に優れる(裏打ちが金属のため)
●経年的な色の変化がなく着色しない

<PFM(メタルボンド)のデメリット>
●裏側から金属が見える
●歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
●オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない
●稀に欠けることがある(ほとんどなし)

PFM(メタルボンド)の症例はこちら

一生快適な食生活を送れますように。