あごの骨が足りない場合もインプラントを可能にする【増骨手術】

歯周病や虫歯の悪化によって歯を抜うと、あごの骨への刺激が少なくなることや、入れ歯などによる圧迫であごの骨が薄くなってしまう傾向があります。そういうケースでは「増骨手術」を行うことによって、インプラントが可能な状況を作ります。

骨を増やす手術の種類
●サイナスリフト
サイナスリフト
上あごの骨が少ない場合に行う手術です。上あごの奥歯の上方には上顎洞(サイナス)という空洞があります。この空洞に補填材(骨と同様の組成で最終的に自家骨に置き換わっていくもの)を填入することで骨を作っていく方法です。

●ソケットリフト
ソケットリフト
サイナスリフトと同じく、上あごの骨が少ない場合に行う手術です。骨の厚みが4mm以上ある場合にはソケットリフトが行われ、骨の厚みがそれ以下の場合はサイナスリフトを行うケースが多くなります。

※オステオプッシャーによるソケットリフトは既存骨が4mm以下でもインプラント埋入ができることもありますので担当医にご相談ください。

●GBR法
GBR法
骨が不足している箇所に特殊な膜を覆うことで、骨を作るスペースを確保します。その中に骨のもととなる素材を詰めていき、骨の再生を促します。

●その他のGBR法(スプリットクレスト法)
オステオプッシャーによる骨造成の一つに、ご自身の骨を広げてインプラントを埋入する方法も当院では扱っています。人工骨材料を使わなないで、ご自身の骨を利用するため安全に行うことができます。

一生快適な食生活を送れますように。