「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の比較

インプラントは優れた治療方法ではありますが、インプラントがすべてではありません。失った歯を補って、美味しく食べるため、見た目の美しさを回復させるために、当院では「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」と、3種類の補綴方法をご用意して治療にあたっています。それぞれにメリットとデメリットがありますので、ここでは3つの方法を比較してみます。

  インプラント
インプラント
ブリッジ
ブリッジ
入れ歯
入れ歯
メリット ・健康な歯を削る必要がない(健康な歯を削ってしまうとその歯の寿命は短くなる)
・見た目が良い
・咀しゃく能率(ものを噛み砕く能力)が高い(天然歯とほぼ同様)
・違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚でものを食べることができる
・見た目が良い
・違和感が少ない
・咀しゃく嚼能率(ものを噛み砕く能力)が高い
・歯周病のときなどは、噛む力を分散させることができる
・安価である(保険適用の場合)
・ほとんどの症例で使用できる
・保険適応の場合は安価で、あまり歯を削らなくても製作できる
デメリット ・手術が必要
・骨の量が十分でない場合にはインプラントができないことがある(骨を作る手術をすれば可能となる場合もある)
・治療期間が長い(約3か月~1年以上の場合もあり)
・高価である
・土台となる健康な歯を削ってしまうので、土台の歯の寿命が短くなる
・土台となる健康な歯がない場合には作成できない
・手入れを怠ると、土台となる歯が虫歯や歯周病になりやすい
・保険のブリッジの場合には、変色しない素材が使えない
・保険のブリッジの場合には、前から3番目の歯までにしか白い素材が使えない
・周りの歯にクラスプ(留め金)がかかるので、見た目が良くない
・部分義歯に隣接している歯が虫歯や歯周病になりやすくなる
・咀しゃく能率(ものを噛み砕く能力)が低い
・違和感が強く、食べたあとに義歯の下にものが詰まる
・あごの骨がだんだんと痩せてくることで、徐々に合わなくなってくる
咀嚼率 天然歯と同様、もしくはそれ以上 天然歯の約70~80% 天然歯の約10~15%
治療期間 3か月~1年以上 1~6か月 1週間~1年以上

一生快適な食生活を送れますように。