当院のインプラントシステム

当院のインプラントシステムインプラント手術において、インプラントを埋入する際、本当に必要な場所に向きや位置、深さなどを少しのズレもなく正確に打ち込むことが最大の重要事項です。少しでもズレると、患者さまの身体にとって危険です。

また、人体にまでは影響しなくとも、土台となるインプラントがほんの少しでもズレたら、埋入したインプラントに装着するアバットメント(接続部品)や、その上に取り付ける上部構造(人工歯)も当然ズレてしまい、正確な歯並びや噛み合わせが実現しないことになってしまいます。

そこで当院では、ストローマンガイドサージェリー(SGS)というソフトを導入。このソフトを使用すれば、少しのズレもない正確なインプラントの埋入が実現します。

ストローマンガイドサージェリー(SGS)当院のインプラントシステム
ストローマンガイドサージェリー(SGS)とは、コンピューター上でシミュレーションした位置にインプラントを正確に埋め込むためのガイドシステムです。あらかじめ歯型を取った上でガイドを作成するため、埋め込む位置のズレがほとんどなく、安全かつ正確にインプラントを埋め込むことが可能です。

<ストローマンガイドサージェリーの流れ>
当院のインプラントシステム1.作業模型を製作
作業模型は、スキャンテンプレートとサージカルガイド製作のベースとなります。

次へ
当院のインプラントシステム2.スキャンテンプレートを製作
歯のないところには、X線不透過性の材料(バリウム入りの人工歯)を用いてスキャンテンプレートに組み込み、完成時の補綴物の形態を再現します。

次へ
当院のインプラントシステム3.スキャンプレートを装着してCTスキャン
スキャンプレートができあがったら、患者さまに装着していただき、CTスキャンします。

次へ
当院のインプラントシステム4.3Dインプラントプランニング
CTスキャンしたデータを専用のインプラントソフトにデータを移行し、患者さまのお顔全体の構造と補綴物の形態を考慮して、インプラントの位置、長さ、太さを決定します。インプラント埋入の為のプランニングが完了すると、サージカルガイド製作の為の細かいデータをテクニシャン(技工士)に伝えるため、プランニングしたデータをプリントアウトして渡します。

次へ
当院のインプラントシステム5.サージカルガイドを製作
ソフトウェアからのインプラント埋入の為のデータをもとにスキャンテンプレートに手を加えてサージカルガイドを作製します。この時サージカルガイドには、インプラントを埋入し位置、深さ、方向をコントロールする為のスリーブが含まれています。

次へ
当院のインプラントシステム6.ガイデッドサージェリーとインプラント挿入
患者さまの口腔内にサージカルガイドを固定してから、SGS専用のインプラントドリルキッドを用いてインプラント床を順次形成します。その後、プラン通りに形成したインプラント床に沿ってインプラントを埋入します。

一生快適な食生活を送れますように。